「保険が適用される治療ってどんな治療なんだろう?」

「虫歯の治療は保険適用されるけど、ホワイトニングや歯列矯正なども同じように保険が適用されるのかな?」

今回はこうした疑問にお答えすべく、ホワイトニングと保険適用についてご説明していこうと思います。

ホワイトニングは保険が適用内?それとも適応外?

結論から述べますと、ホワイトニングに保険が適用されることはほとんどありません。

ホワイトニングはあくまで見た目を白くして綺麗に見せたいという審美目的のためで、病気の治療では無いからです。

保険が適用されるには、病気の治療であることが大前提となります。

つまり健康のために必要であること、そして最低限の治療であること、これが保険適用内の治療です。

保険適用される治療とは?(PMTCについて)

その中でPMTCと呼ばれる予防歯科プログラムだけは歯周病や虫歯などの治療目的となった場合のみ、保険が適用されることもあります。

ただ治療目的となると、その他費用がかかってきます。レントゲン撮影や歯磨き指導、何回かの診察などと通う回数も増えます。そうした結果、自費診療でPMTCを受ける場合と総額が変わらない、もしくは超えてしまうこともあり得ます。

また、PMTCは口内の健康のためクリーニングすることにより副産物的に歯が白くなるというもののため、目的は歯を白くすることではありません。

保険適用外のホワイトニング方法が白くなる理由

本当に真っ白にしたい場合は漂白、被せものなどの保険適用外の方法が必要です。そのため、審美目的の場合は保険が適用になるかはあまり考えずに、ホワイトニングに特化して取り掛かった方が早く物事が進みます。

自費診療はお金がかかりますが、保険適用内では出来ないクオリティの施術を受けることが出来ます。また審美歯科医院という治療ではなく、見た目を変えることに特化した歯科医院はメニューが豊富にあるため出費をコントロールしやすいです。

出費を抑えつつホワイトニングをしてみたいという場合は審美歯科医院を中心に通いたいところを探してみるのもおすすめです。まずは、審美・一般のくくり関係なく信頼できる歯科医院を探すことが第一になります。

ホワイトニング治療は保険証なしでいいの?

歯を白くしたいという審美目的の自費診療となる場合、保険適用外なので保険証は必要ありません。保険証なしで行くことが不安な場合は、事前に通う予定の歯科医院のサイトを確認する、または直接電話をして聞いてみましょう。

保険証なしでいいかは医院に確認が必要!

医院によっては自費診療でも保険証の提示を必要としているところもあるようです。保険証不要だと思い、家に置いてきたら診察を受けられなかったなんてことを避けるためには事前に調べることが大切です。

保険適用を考えている場合は、ホワイトニングというより治療が目的ということになります。

治療も兼ねて歯を白くしたい、保険が適用されて安上がりになるかもと思って診察を始めた場合、その通りに満足する結果であればラッキーです。

念のため保険証は欠かさないようにしよう!

ですが、最初から自費診療でホワイトニングだけにすればよかったと感じることになる可能性も捨てきれません。

治療となるとホワイトニングだけに比べて、経過を見る必要があるため診察回数が増えます。ホワイトニングだけであれば2回で済んだ診察が、4、5回となることもあるでしょう。

治療がメインで、もしついでに少し白くできたらいいなという気持ちであれば保険証を持っていき、治療してもらいましょう。

審美目的であれば保険証を忘れても、もともと自費診療予定で料金に変わりはありませんが、医院の決まりによっては受けられないこともあるので確認しましょう。

ホワイトニングにかかる費用

ホワイトニングにはいくつか種類があります。ですが、大きく分けると3種類となり、クリーニング、漂白、貼る・被せるです。

ホワイトニングにかかる費用①:クリーニングの場合

クリーニングが一番手軽で、貼る・被せるが一番費用がかかります。クリーニングというのは保険が適用されることもあるPMTCのことで、保険が適用されれば約3千円で受けられます。自費診療になると約1万円です。

ホワイトニングにかかる費用②:ホームホワイトニング、オフィスホワイトニングの場合

続いて漂白はホームホワイトニング、オフィスホワイトニングの2種類になります。漂白は審美歯科医院と普通の歯科医院とで料金の自由度が変わってきます。審美歯科医院ですとそれぞれ1回の料金が、ホームホワイトニング約1万5千円~約3万5千円、オフィスホワイトニング約5千円~約3万円が一般的です。普通の歯科医院は一番安くて万単位を超えることが多くなります。

ホワイトニングにかかる費用③:貼る、被せるの場合

最後に貼る・被せるは、貼るラミネートべニアと被せるオールセラミックの2種類です。自分の歯の表面を削り、白い被せものをします。オールセラミックは矯正も兼ねて出来ることが魅力です。こちらは高価ですが、半永久的に白さが続きます。また仕上がりが自然で美しいです。値段は1本からラミネートべニア約5万~15万円、オールセラミック約6万~18万円が一般的です。

まとめ

またこれ以外に一時的に歯を白くする歯のマニキュアという選択肢もあります。こちらは1本3千円~5千円です。手軽に歯を白くしてみたいという場合はPMTC、絶対に白くしたい!という場合は貼る・被せるのラミネートべニアかオールセラミックになります。

また中間の漂白であるホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用したデュアルホワイトニングも人気です。どういったホワイトニングをするにせよ、決して安くはありません。

どの歯科医院に通院するかはカウンセリングに行ったり、評判を見るなどよく調べて納得できるところを探し、満足のいくホワイトニングをしましょう。