ホワイトニングには、ホームホワイトニング・オフィスホワイトニング・デュアルホワイトニングの3つの種類があります。それぞれ費用がいくらかかるのか、一般的な相場を紹介します。

歯科でのホワイトニングはいくら?

歯科でのホワイトニングには、主に3種類のホワイトニング方法があります。

3種類のホワイトニングとは、ホームホワイトニング、オフィスホワイトニング、デュアルホワイトニングの3種類です。

ホームホワイトニングにかかる費用はいくら?

まずホームホワイトニングとは、歯科医院で作ったマウスピースと処方された薬剤を使用して、主に自宅でケアを行うホワイトニングのことを指します。

ホームホワイトニングは効果を実感するまでに早くても2週間ほどかかりますが、自宅でケアを行うことができ、マウスピースを1日1〜2時間装着するだけでいいので、手間がかからないメリットがあります。

ホームホワイトニングの値段の相場は、2〜5万円程度です。費用の内訳は、ホワイトニング剤と歯に装着するマウスピースとなります。

個々の歯の状態や、目標とする歯の白さなどによって、必要となるホワイトニング剤の量が異なるので、ホワイトニング剤の使用量が増えれば費用もその分高くなります。

また、ホームホワイトニングの持続期間を長くしたい場合や、何か他の希望がある場合は、さらに費用がプラスされます。

定期的なコーティングやクリーニングなどを行う必要も出てくるので、人によって費用に差が出ます。すぐに効果が出れば費用もそれほどかかりませんが、効果が出るまでに時間がかかれば、当然費用も高くなってしまいます。

ホームホワイトニングに使用される薬剤の費用の相場は、1〜2週間分で5,000〜10,000円ほどです。2週間で効果が出なかったり、さらに歯を白くしたい場合は、この薬剤費用がプラスされることになります。

2週間で効果が出る人もいれば、効果が出るまで2ヶ月ほどかかる人もいるので、予算オーバーする可能性もあります。

ただ、一度マウスピースを作ってしまえば、今後継続する際に新しくマウスピースを作る必要がなくなるため、コストは薬剤の費用だけで済みます。

万が一マウスピースを破損してしまうと再度作り直さないといけないので、その際は5,000〜10,000円ほどの費用がかかります。

オフィスホワイトニングにかかる費用はいくら?

オフィスホワイト二ングとは、歯科医院やクリニック内で行われるホワイトニングのことを指します。高濃度のホワイトニング剤を塗布してからライト照射をして、歯を漂白します。

歯科医師と歯科衛生士にしか取り扱いができない「過酸化水素」「過酸化尿素」などの漂白成分を使用して本格的なケアを行うため、1度の施術だけで高い効果が得られます。すぐに効果を実感したい人におすすめの方法です。

オフィスホワイトニングの値段の相場は、1回に付き10,000〜50,000円程度となります。目標とする歯の白さによって通院回数が違ってくるため、施術回数が多くなればなるほど費用も高くなっていきます。

これとは別に、歯のクリーニング料およそ5,000円程度が必要になる場合があります。基本的に、クリーニングをしなくてもホワイトニングすることはできますが、歯石やタバコのヤニの付着などがひどい場合はホワイトニング効果が出づらくなるので、その場合はクリーニングしてから施術を行うことになります。

ホワイトニング直後の歯は着色しやすいため、後戻りを防ぐために、術後にコーティングを行う場合もあります。コーディング費用はホワイトニング費用に含まれていない場合もあるので、施術を受ける前によく確認しておきましょう。コーティング費用は5,000円〜10,000円程度です。

オフィスホワイトニングは、1回の治療で効果を実感することができますが、歯を白くする範囲や白さを実現するために、3回程度治療が必要になる場合もあります。

はじめから1コース3回というように、コースとして提供している歯科医院もあり、その際の平均費用は50,000円程度となります。

白くする歯の本数で料金設定を行なっている歯科医院もあるので、その場合は歯1本ごとに費用が決められています。20本前後の歯を白くするのであれば、施術費用は50,000〜60,000円程度かかります。歯1本当たりに換算すれば4,000円前後です。

オフィスホワイトニングの場合、歯科医院によって仕入れている素材が異なるので、費用にも大きな差が出てきます。1回数千円の安い費用でできるものもあれば、10万円を超えるものも存在しているので、よく比較検討する必要があります。

どの程度まで歯を白くしたいのか、何本施術したいのか、どのような方法で施術したいのか、それらの点をよく考えて歯科医院を選ぶようにしましょう。

デュアルホワイトニングにかかる費用はいくら?

デュアルホワイトニングは、歯科医院内で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングの両方を併用する方法です。

まず、歯科医院でオフィスホワイトニングを行い、その後ホームホワイトニングによって繰り返しケアを行います。デュアルホワイトニングなら、歯医者に頻繁に通う必要がなく色戻りがしにくいので、手間をかけずに歯をしっかり漂白したい人におすすめです。

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方の費用がかかるため、一番お金がかかる方法となります。デュアルホワイトニングの値段の相場は、60,000〜80,000円程度となります。

デュアルホワイトニングの費用は歯科医院によって異なるため、費用が相場より安かったり高くなる場合もあります。コースを設置している歯科医院であれば、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングそれぞれの費用を別々に払うよりも、トータル費用が安くなります。

専門のクリニックだと費用が割高になりますが、その分高い効果を得やすいので、長い目で見れば費用と手間がかからないと言えます。デュアルホワイトニングは使用する薬剤やマウスピースによっても費用が大幅に変わってくるので、事前にそれぞれの歯科医院の費用内訳をよく調べておきましょう。

ホワイトニングは保険適用外であることに注意

ホワイトニングは自由診療となるため、保険の適用外となります。自由診療の場合、費用は歯科医院が独自に設定できるため、同じホワイトニングでも歯科医院によって費用にバラつきが出てきます。

そのため、どの歯科医院でホワイトニングをするのか、よく考えて選ぶ必要があります。基本コースとは別にオプションメニューを用意している歯科医院もあるので、自分にとって都合のいい歯科医院を選びましょう。

1回あたりの費用が安かったとしても、持続期間が短かったり効果があまり感じられないのであれば、メンテナンス費用がかさんでしまい、結局トータル費用も高くなってしまいます。

逆に、1回あたりの費用が高くても、すぐに効果が出て持続期間が長いのであれば、メンテナンス費用もかからず、トータル費用も安くなります。

ホワイトニングをするときは、1回あたりの費用で比較するのではなく、効果が出るまでの期間を含めたトータル費用で比較することが大事です。

番外編 セルフホワイトニングにかかる費用

ホームホワイトニング・オフィスホワイトニング・デュアルホワイトニングとは別に、自らの手で行うセルフホワイトニングというものもあります。

セルフホワイトニングは、歯科医院ではないサロンに行って自らの手で行うケアのことで、費用が非常にリーズナブルであることが特徴です。サロンスタッフから施術方法や器具の使い方の説明を受けて、全ての作業を自分で行うことになります。

セルフホワイトニングの値段の相場は1回2,000円〜5,000円前後なので、ホワイトニングを手軽に試してみたいという人におすすめです。