ホワイトニングは、どのような人に適しているのでしょうか?

美しい歯を維持したいと思う女性は多いと思われますが、それがたとえ妊娠中であってもホワイトニングの治療を続けていくことは可能なのでしょうか?

こうした疑問に今回はお答えすべく、ホワイトニングの成分に注目しながら、ホワイトニングと妊娠中の影響についてご説明していければと思います。

ホワイトニングは妊娠中にできる?

一言にホワイトニングといっても、使用する薬剤には様々なものがあります。

その中には妊婦さんが控えるべきものもあるため、妊娠中のホワイトニングを検討している人は事前に理解しておきましょう。

まずホワイトニングに使用される薬剤ですが、これには主に漂白効果のある過酸化水素系を用いることが考えられます。

こういった過酸化水素などの薬剤を利用したホワイトニングは妊娠中はもちろんのこと、授乳中にも控えた方が良いと言われています。

そのため、妊娠中にホワイトニングをしたいと考えている場合、歯医者さんによっては止められる可能性があることは覚えておきましょう。

妊娠中にホワイトニング歯磨き粉はいいの?

ホワイトニングと言えば歯医者さんで行ってもらうものというイメージがありますが、実は自宅でもケアをすることが可能です。

研磨剤を含むホワイトニング歯磨き粉は使用可能

 

市販の歯磨き粉の中には、ホワイトニング効果があるものも多数販売されています。これらは一般的に薬剤を利用して歯を白くするというのとは違い、研磨剤で歯の表面を磨くことで白くするというものですから、妊娠中でも使用して問題ありません。

しかし、すべての商品がそうだとは限らない点は注意が必要です。

中にはホワイトニングのために効果の強い過酸化水素や酸化チタンなどの薬剤を加えたものがある可能性がありますから、ホワイトニング歯磨き粉を利用するのであれば、必ず注意書きを確認しましょう。

クレストのような効果の強い薬剤は使用できない

自宅で行うホワイトニングには、歯磨き粉以外のものもあります。

それはアメリカのブランド「クレスト」のホームホワイトニング用のテープです。

これは歯に貼るだけで簡単にホワイトニングを行うことができるというもので、アメリカはもちろんのこと日本でも注目されています。

しかしこのテープには薬剤が塗られており、そこには漂白作用の高い過酸化水素が含まれています。この過酸化水素は妊娠中には避けるべきものとして考えられていますから、「歯医者さんで薬剤を使用するわけではないし」と安易に使用しないように気を付けましょう。

ホワイトニングの妊婦への影響

薬剤を使用することで胎児に何らかの影響があるのでは、と思う人もいるのではないでしょうか。

実はホワイトニングが妊娠にどのような影響を与えるのかは、医学的にも未だに分かっていません。

だからこそ、妊婦さんや授乳中の女性の使用は控えるようにと言われています。薬剤を使用したホワイトニングを行ったことで、必ず悪影響があるというわけではありません。むしろ何の問題もないという可能性もあるでしょう。

しかし、通常とは違う特別な体だからこそ、万全を考えることは大切です。実際に臨床試験でも悪影響が立証されているわけではありませんが、データがないからこそ控えるべきと言えるでしょう。

妊娠中でもできるホワイトニング

いつまでも美しくありたいと願う女性の願望は、何歳になっても変わらないものですし、それが例え妊娠中であっても同様です。虫歯のない綺麗な歯はもちろんのこと、白い綺麗な歯を維持したいと思っている女性も多いでしょう。

しかし、妊娠中は自分1人の体ではありません。お腹の中には確かに新たな命が宿っているのです。そのことを考えると、少しでも悪影響が出る可能性があるのであれば、ホワイトニングを行わない方が良いでしょう。

では、諦めるしかないのかというとそうではありません。漂白系の薬剤を使用したホワイトニング以外にも、歯を白く綺麗にする方法はあります。妊娠中はもちろんのこと、授乳中でも行えるケアの方法をいくつか紹介していきます。

まずはホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用するということです。スーパーやドラッグストアなどで簡単に手に入るため、すぐにでも実践しやすいでしょう。

これは歯ブラシを当てることで、歯磨き粉の中の研磨剤が歯の表面の汚れを削ってくれるというものです。使い続けることで徐々に白さを実感できるようになるでしょう。

次に、歯医者さんが在籍していないサロンでの施術です。妊娠中に避けるべきだと考えられている過酸化水素系の薬剤は、歯医者さんがいなければ使用できません。

そのため、セルフホワイトニングなどを行っているサロンでは、こういった薬剤の使用が不可能です。そこで利用されているのが、ホワイトニング歯磨き粉などにも使用されている成分で構成された薬剤です。

これならば妊娠中でも使用が可能なので、安心してホワイトニングを行うことができるでしょう。ただ、どのサロンも同じ薬剤だとは限りませんから事前に妊婦だということを伝え、使用可能なのかを確認しておくことが大切です。

ホワイトニングよりもクリーニングがオススメ

最後に歯のクリーニングについて説明します。

歯を黄色く見せている原因はステインや歯石、歯垢などがあります。わざわざ漂白をしなくても、これらを除去するだけでも白さを取り戻したり、綺麗な歯にすることが可能です。

また、歯石や歯垢は虫歯や歯周病の原因にもなるものなので、除去することで健康的な歯を維持することができます。

妊娠中はつわりの影響で歯が磨けなかったり、育児中はその忙しさで歯磨きが疎かになって虫歯になりやすい傾向にあります。

ホワイトニングはもちろんのこと、口内環境を清潔にするという意味でも歯のクリーニングは非常に効果的だと言えるでしょう。