「美しい白い歯を手に入れる」ということが、ホワイトニング治療をおこなう、最大の目的であると言えます。

そうしたホワイトニング治療を進めていく中で、「美しい歯並びを手に入れる」ことも同時にできるということをご存知ですか?

実はホワイトニング治療と歯列矯正治療を同時に進めていくことで、口元に自信を持ち、健康的な生活を送ることができるのです。

そこで今回は、ホワイトニング治療と歯列矯正が本当に同時並行的に治療していけるのか、あるいはどういった歯列矯正方法とホワイトニング治療とが相性がいいのかであったり、オススメの治療方法などを、笑みデンタルオフィス様の記事を参考にしながら、ご紹介させていただきたいと思います。

歯列矯正治療ってどういったもの?

ホワイトニング治療と歯列矯正治療が同時に治療可能だと述べましたが、歯列矯正とは一体どういったものなのでしょうか?

歯列矯正には、様々な種類があります。金属製のブラケットを使った矯正方法や、最近ではマウスピースを使った矯正方法など幅広い選択肢があり、患者一人一人の症状に適した治療方法を選んでいけるというメリットを持っています。

歯列矯正方法の一例は以下のとおりです。

  • 金属ブラケットによる矯正
  • マウスピースによる矯正
  • 裏側矯正
  • 顎間ゴムによる矯正

このように患者に併せた治療を行うことで、歯並びを改善していくことができるというわけですが、ホワイトニングと同時に治療を進めていくことは本当に可能なのでしょうか?

ホワイトニングができる歯列矯正方法とは?

ホワイトニング治療と歯列矯正治療が必ずしも同時に進めていくことができるとは限りません。歯列矯正方法次第で、ホワイトニング治療を行えないというケースも生じてきてしまうのです。

マウスピースによる矯正だけがホワイトニングを行える!

ホワイトニング治療と同時に行える歯列矯正治療は何でしょうか?

結論から述べますと、ホワイトニングができる歯列矯正治療は、マウスピースによる矯正に限られてきます。

その他の歯列矯正方法の場合、例えば金属ブラケットによる歯列矯正治療の場合では、歯にブラケットを装着しなくてはならないために、ホワイトニング治療を進めていくことはできないのです。

ではなぜ、マウスピースによる矯正方法以外では、ホワイトニング治療を進めていくことができないのでしょうか?

歯列矯正中にホワイトニング治療はできない!?

もしも、金属ブラケットのような器具を、歯の一部に着用していたまま、ホワイトニングの治療を進めてしまうと、ホワイトニング治療によって歯の色のムラが生じてしまいます。

歯の色にムラができてしまい、せっかくホワイトニングをしたとしても、見た目の悪く、バラバラに状態になってしまいます。

ですので、ホワイトニング治療は金属ブラケットによる歯列矯正治療といった場合オススメすることはできません。

ホワイトニング治療は矯正治療の前にする?後にする?

また、金属ブラケットによる歯列矯正治療の場合、一般的に治療に要する期間は二年~三年ほどと言われています。

ですので、歯列矯正をはじめてしまったら、途中からホワイトニング治療を始めることはできないと言えるのです。

そのため、歯列矯正が終了しないと、ホワイトニングの治療を進めていくこともできないと言えるのです。

また、歯列矯正の治療を始める前に、ホワイトニングの治療をおこなうことは可能ですが、オススメとは言えません。

なぜなら、矯正治療を進めていく間にどうしても歯の表面に色素が沈着していき、矯正治療前にホワイトニングして、器具を装着した歯の色と、器具を装着していなかった歯の色との間にギャップが生じてしまうからです。

マウスピースによる矯正しかホワイトニング治療には適さない!

一方で、マウスピースによる矯正の場合、歯に直接的に器具を装着することはありませんので、歯列矯正治療とホワイトニング治療を同時並行的に行っていっても、歯の色にムラが生じることもなく、美しい白い歯を手に入れる事ができるのです。

ホワイトニングに適した歯列矯正方法は、ズバリ、マウスピースによる矯正なのです。

ホームホワイトニングがマウスピース矯正に適している!

ホワイトニングの方法として、主に挙げられる方法は、

  • ホームホワイトニング
  • オフィスホワイトニング
  • デュアルホワイトニング

の3つです。

オフィスホワイトニングは、歯科医院でおこなうホワイトニング方法のことを指しますが、ホームホワイトニングとは、自宅で気軽にホワイトニングを進めていくことができる方法です。また、デュアルホワイトニングは、歯科医院と自宅の両方でホワイトニング治療を進めてく方法です。

なぜホームホワイトニングが適しているのか?

なぜ、ホームホワイトニングが、マウスピースによる矯正とホワイトニングを同時に行う上で適しているのかといいますと、ホームホワイトニングをおこなうことで、マウスピースによる矯正のメリットを最大限に活かすことができるからです。

では一体、マウスピースによる矯正の持つメリットとは何のことなのでしょうか?

マウスピースによる矯正とその他の歯列矯正を比較した際にメリットとして考えられることは、以下のことでしょう。

  • 透明で目立たない
  • 付け外しが可能
  • 通院の手間がない
  • 手入れが簡単

などなど…

ホワイトニング治療をするうえで、ホームホワイトニングが適しているという最大の理由は、マウスピースによる矯正では通院の手間がないということです。

マウスピース以外の矯正方法の場合、数週間に一度といったペースで、通院の必要性が出てきます。

金属ブラケットなどは、医師による微調整が非常に重要になってくる矯正方法であり、通院による調整が必要不可欠でした。

マウスピース矯正のメリットを生かしてホワイトニング治療をしよう!

しかしながら、マウスピースによる矯正の場合、矯正治療の初期段階で歯の模型を取り終えたら、通院の必要はありません。

なぜなら、通院をしてブラケットなどの調整をする必要のなく、歯の模型から得られたデータをもとに作り上げられたマウスピースを10日に一個といったペースで取り替えていくだけで良いからです。

ホワイトニング治療にオススメの矯正方法がインビザライン!

マウスピースによる矯正のなかでも、特に今回は、日本で一番患者数が多く、近年注目を集めているインビザラインという矯正方法を例にして、マウスピースによる矯正をご説明していきます。

インビザラインという矯正方法は、マウスピースによる矯正方法のなかでも最も人気のある矯正方法と言っても過言ではありません。

インビザラインでは、最新のコンピュータ技術を用いて、歯並びの変化をすべてデータ化していくことで、歯の動きを前もって予測して、マウスピースを作り上げることができます。

ですので、データをもとに作り挙げられたマウスピースをもとに、歯列矯正を進めていけば、理想の歯並びを手にする事ができるといえるのです。

もちろん、矯正治療が計画どおりに運ぶとは限りません。当初の予想通りに歯並びが変化するとは限らないのですが、これまでの矯正方法とは異なり、頻繁に通院して医師の診断を受けたり、ブラケットの調整をしてもらうという手間は要りません。

数ヶ月に一度の定期通院であったとしても、計画との大幅なズレが生じることのなく、矯正治療を進めていくことができるのです。

こうしたマウスピース矯正、あるいはインビザラインの持つメリットを最大限に活かすためにも、ホームホワイトニングが最適なのです。

せっかく、マウスピース矯正を選択して矯正治療を始めたというのに、オフィスホワイトニングをするからといって、毎週のように通院していては意味がないですよね。

マウスピースによる矯正はどんな人に選ばれるの?

インビザラインのようなマウスピースによる矯正方法を行う人の年齢は様々です。10代の学生から、50代の社会人まで幅広い年齢層の方たちが、この矯正方法をはじめているのですが、中には、学業に忙しい、部活に忙しいから、歯医者に行けないといった学生、あるいは、仕事が忙しく歯医者に行く時間が取れないという社会人の方まで、人それぞれです。

そうした方たちにとっても、非常に利用しやすい矯正方法であるからこそ、現代の日本で広く広がりを見せている矯正方法であると言えるのではないでしょうか?

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングとは異なり、通院の必要性もありません。

自分の好きな時間に好きなタイミングで治療を進めていくことができるのです。このことによって、マウスピース矯正の持つメリットを邪魔することなく、治療を進めていくことができ、さらには、マウスピース矯正を数ある矯正方法の中から選択した、現代社会に生きる忙しい人のニーズにマッチした、ホワイトニング方法であるといえるのです。

まとめ

このように、ホワイトニングの治療と歯列矯正治療は、マウスピース矯正という種類に限られてしまうものの、同時並行的に進めていくことができ、美しい白い歯を手に入れるとともに、美しい歯並びを手にすることもできるのです。

今現在、ホワイトニングをはじめてみようとお考えのあなたも、この記事をきっかけにして、歯列矯正を知り、歯の美しさだけでなく、歯並びや歯の噛みあわせにも意識を向けて、口元に自信をもって笑顔のたえない生活を送るとともに、健康的な毎日を過ごしていってもらいたいものです。